医療現場で活躍している犬

0
134

日本ではまだあまり認知度は低いですが、「ファシリティドッグ」という病気に悩む子どもたちの心をケアしてくれる犬がいるそうです。

このファシリティドッグのお仕事は主に、精神的なケアやストレス、恐怖なのケアを中心に傷ついた心を癒やす重要な役割を担っているようです。

特に長期入院や長期治療が必要な子供には、このファシリティドッグとのふれあいで心のケアをすることが子供の精神的な安心を与え、治療効果を高めるものとして、特に注目されているようです。

詳しくはコチラ


Warning: A non-numeric value encountered in /home/genoh/wanhakase.jp/public_html/wp-content/themes/wan/includes/wp_booster/td_block.php on line 353

返事を書く